読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くぼっちのブログα

好きな事 とにかく色々

WikipediaのProcessingソースコードが違う(笑)

こんにちは。くぼっちです。4日ぶりの更新です!!*1

 

さてさて今回はProcessingについてです!!

遂にプログラミングについてですね!!個人的に嬉しいです。

 

で、今回取り上げるのは、Wikipediaに紹介されている、Processingのコードがおかしいという件です。

紹介されているものをそのままコピー&ペーストして、デバッグすると、大量のエラーがでることに気がつき、今回記事にしてみました。

ではでは

 

 

 

☆目次☆

 

 

紹介

デバッグ環境

OS・・・Windows7

Processing・・・Processing-3.1.1

かるくこんな感じです。

 

URL

Processing - Wikipedia

Processing.org(Processing公式)

 

 

Wikipediaを見てみよう

f:id:koushi1211:20170110211212p:plain

こちらが、WikipediaのProcessingページ。

 

f:id:koushi1211:20170110211336p:plain

コードが書かれているのはこの部分。

どちらも「Hello World!」と出力されますが、出力される場所がちょっと違います。

取りあえず、上の簡単そうな方からデバッグしてみましょう!

 

 

簡単な方をデバッグ

f:id:koushi1211:20170110211802p:plain

下の黒い部分に白で「Hello World!」と出ましたね!!このコードは間違ってはいません。

 

そう言えば、上の方に何も書かれていない、灰色の小さなウインドウが出てますね。

もともとProcessingはオブジェクト指向の強い言語ですから、ウインドウに「Hello World!」と出力した方がProcessingらしい、という事で次のコードに行きます。

 

 

問題だらけ(笑)

f:id:koushi1211:20170110212820p:plain

コピー&ペーストで、デバッグすると次のようになります。

もうなんだか、1行目から黄色でエラーを指摘されてますね。

単純にこのコードが間違っているのか、Processingのバージョンアップにともない、新しいものではエラーが出てしまうのか分かりませんが、現在のバージョンでデバッグ出来るように改良しましょう!!

 

 

デバッグ出来るように改良!!

その1

f:id:koushi1211:20170110213335p:plain

まずは1行目。

PFont font=loadFont("myfont.vlw");

となっています。まずは、「loadFont」を「createFont」に変えましょう。

 

その2

f:id:koushi1211:20170110213705p:plain

先ほど変更して1行目の部分に赤波線で警告が出ています。

下の赤枠に白字の部分の最後には”createFont(String,float)”と出ています。

Stringの部分には「myfont.vlw」が既にはいっています。これはWordやExcelでいう、フォントテーマです。

floatとは単精度実数型と呼ばれるもので、簡単には、少数まで表示出来る型指定子です。

ここにはフォントサイズを入れます。

 

その3

f:id:koushi1211:20170110215331p:plain

textFont(font,20); とあったので「float」の部分には「20」と入れ、textFont(font); に改めます。

 

 

デバッグ

f:id:koushi1211:20170110220532p:plain

上部のウインドウに「Hello W」まで表示されました!!

あとは、ウインドウのサイズを変更するだけです!!

ついでに背景色まで変えてみましょう!!

 

 

デバッグ!!

f:id:koushi1211:20170110220730p:plain

ウインドウのサイズをsize(x,y); で変更しました。

xはx軸方向の長さ。yはy軸方向の長さを表しています。

 

背景はbackground(d); を使用。dは0から255までの範囲で値を指定出来る、グレースケールです。今回は0なので真っ黒です。逆に255にすると真っ白になります。

 

これでキレイに「Hello World!」を表示出来ました!!

 

 

色変更など

フォントサイズとウインドウサイズの変更

f:id:koushi1211:20170110221440p:plain

フォントサイズを20から50に、ウインドウサイズを200✕100から、300✕300の正方形にしました。

ちょっとは見栄えも良くなったかな?

text("Hello World!",15,150); はダブルコーテーション(” ↖これ)に囲まれた部分の文字が出力されます。

15はx軸上の位置。150はy軸上の位置をそれぞれ表しています。

 

 

色変更

f:id:koushi1211:20170110222032p:plain

background(255); で背景を白にしました。

文字はfill(r,g,b); をつかって暗い赤に変えています。

 

 

まとめ

今日はWikipediaのコードを使って軽く説明みたいな感じでした。

あのコードが本当に間違っていたなら、Wikipediaでも間違えはあるんだなと感じてしまいます。

僕が作ったわけではありませんが、簡単なプログラムの解説(?)ができてよかったです。

*1:5日ぶりでした