読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

くぼっちのブログα

好きな事 とにかく色々

自分が自分の事を1番分かっているようで分かっていない

「君ってどんな人?」って聞かれて、みんなは答えられる?

僕は無理だね。

だって自分なんだもの。

 

僕はみんなが見えているから、どんな人とか、少しは分かるけど、自分で自分を見るって意外と大変だし、難しい事だと思うよ。

 

視覚てきにも見えないし、自分がどんな人間なのか知るには、まずまわりを知って、それから自分とまわりを比較しないと分からないじゃん。

 

だから難しいと思うな。

 

 

もくじ

 

 

好みが一定な訳無いでしょ(笑)

そもそも、自分で自分がどんな人間かなんて、分かるはずも無く、好みだってころころ変わる。

 

趣味だって変わる。

 

今日の趣味はネットサーフィンにブログ編集だけど、来年同じ趣味を楽しんでる保証はないし、趣味なんて自分で決めて良いんだから、自由さ。

 

昨日はなんだか凄く楽しくて面白かったけど、今日はなんだかしっくり来ないなんて事だってあるでしょ?

 

 

ほら、物置の奥に懐かしいおもちゃがいっぱいあるでしょ。

本棚にホコリは被って、たまにしか読み返さない本があるでしょ。

それは趣味や好みが変わったからだよ。

 

テレビの前のWiiも今では年に数回しかお仕事してないでしょ。

もしかしたら、もう段ボールのお家に入っちゃった?

あ。売却・・・。

 

遊ばなくなったカセットもいっぱいあるでしょ?

 

 

逆に今の趣味、いつから始めた?

ものによっては、長い期間やっているものもあるかも知れないけど、生まれたときからはやってないよね。

 

 

人間そんなもんだよ。

 

好みは変わるものさ。

 

 

人間そんなに簡単じゃ無い

だからこそ、自分がどんな人間か分からない。

 

ラーメンは好きだけど、ラーメンだけが好きな訳じゃないし、「好きな食べ物なに?」って聞かれたら「ラーメン」って答えるけど、うどんやそばも好きだし、お寿司も好きだよ。

それにスパゲティなんかも良いよね。

ピザもいいね。グラタンなんかも好き。

アメリカの料理なら、ハンバーグやハンバーガーもいい。

最近、天丼っておいしいなって思った。

 

 

あーもー。

 

上げ始めたら切りが無い!!

 

 

結局、人間は誰もが、一言で表せられるような簡単な生き物じゃないんだ!

 

 

好みだっていっぱいあるし、その好みも一生同じじゃない。

 

 

固定観念もたまにはある。

僕の90歳を超えたひいおばあちゃんは、お父さんが子供のころ好きだったあんこのお餅を、遊びに行くと毎回出してくれる。僕に、、。

お父さんは今では甘いものをあまり好まないようで、あんこのお餅は今は好きじゃ無い。

 

でも、ひいおばあちゃんの中では、お父さんは永遠の孫なのだ。

 

正直、中学生くらいで記憶が止まっているような感覚だよ。たぶん。

 

 

ちなみに毎回僕にあんこのお餅を出してくれるのは、顔が似ているせいで見間違えられているからだと思う。

ひいおばあちゃんから見たお父さんは、中学生で止まっていて、僕の年が近いせいもあると思う。

 

だって「〇〇(お父さんの名前)ちゃん。どうぞ」って言って僕の前にお餅を置いていくんだから、きっとそうだよ。

まー良いけど。

 

もしかしたら、渾身のギャグかもね(笑)

 

ちなみにちなみに、僕はあんこが嫌い。

食感の薄い小豆が無理。だから赤飯なら普通に食べられるよ。どうでも良いな

 

 

固定観念に縛られると、人はその範囲の中で生きて行かなくては成らないような気がして、自分の好みや感情を押し殺してしまうと思う。

だから僕は、自分の事を一言で表す事をあまり好まないし、どう表せば自分に合っているのか分からず、困る事もある。

 

 

さいごに

自分がどんなことに長けていて、ある程度どんな人間なのか知っておくのは良いと思うな。

でも、あまり決めつけたりして、偏った固定観念の中で生きていく位なら、自分が自分の事を分かっているようで分からないままで、いいなと思う。

自分の未知数の可能性だって思って、分からない部分を残しておくんだ。それもいいよね。

 

 

人間は機械と違って、あらかじめプログラムされた世界で生きてはいない。

 

だから好みも変われば、趣味だって変わる。

時には性格も変わるかもね。

 

別にいいと思うよ。

 

その位でちょうどいい。

f:id:koushi1211:20170122225322j:plain

〔余談〕今シーズン4回目のスキーに行ってきました。